日本は他の国とは違う風水が多い

風水は世界各国でも取り入れられているわけですが、もちろん世界共通の風水も数多く存在します。
その一方で、日本独自の風水も多々存在しており、日本だからこその風水もあったりするわけです。
例えば、日本は領土の狭さに対して、人口がかなり多い国です。
したがって、どうしても広い土地を持つことは難しく、密集地帯に住んでいる人が多いわけです。
そのため、日本の場合は他の国と違って、家の中の風水を重視する必要があるのです。
中国やアメリカなどでは、庭や屋外の風水を重視する傾向があるのですが、日本ではそれは難しいわけです。
また、日本は他の国に比べて労働時間が長い傾向にあります。
したがって、家を留守にする時間が長いわけですから、あまり積極的に観葉植物や熱帯魚などを取り入れることができないわけです。
海外では、これらは風水においてかなり重要だと言われています。
日本でもある程度重要視されていますが、どちらかというとサブ的な役割の方が強いです。
あくまでも、玄関とリビングに1つずつ置くぐらいで、そこまでたくさん取り入れることは少ないです。
あとは、日本はトイレの風水をかなり重要視する傾向が強いです。
日本のトイレは、世界の中でもトップクラスに綺麗ですから、それだけ風水に関しても大事にするわけです。
他にも、日本と海外で異なる風水はたくさんありますし、海外では当たり前のことも日本では普及していなかったり、逆に日本では普通に行っている風水も、海外ではかなり珍しかったりするのです。
土地や文化が違う以上は、風水に関しても国によって違うものなのです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.